今話題のクレジットカード現金化サービス「タイムリー」の特徴とは?

タイムリーは、誰でも気軽に利用することができるクレジットカード現金化サービスを提供している企業です。そこでここでは、そんなタイムリーが提供しているクレジットカード現金化サービスの特徴を紹介します。
ぜひその利用を検討している人は、参考にしてみてください。

振り込みに対応している金融機関は?

タイムリーが振り込みに対応している金融機関には、地方銀行も含まれます。そのため、メガバンクはもちろんネット銀行や信用金庫であっても、問題なく振り込み先として指定することができます。
ただ、「本人名義」の口座以外を指定することができない点には注意が必要です。自分以外の名義人の口座を振り込み先に指定してしまうと、再度手続きをし直さなければならなくなります。
必ず自分名義の口座を指定した上で、申し込み手続きを行いましょう。

現金化の際利用できるクレジットカードのブランドは?

いわゆる五大カードブランドと呼ばれるVISA・MasterCard・JCB・American Express・Diners Clubはもちろんのこと、世界で流通しているすべてのカードブランドにタイムリーの現金化サービスは対応しています。
ただ、タイムリーの公式サイトに記載されているのは前述した五大ブランドのみになっています。マイナーブランドゆえの不安を感じている人は、事前にその旨をタイムリーに問い合わせてから申し込みを行うのがおすすめです。

振り込みまでにかかる時間は?

現金化タイムリーを実際に利用した人の口コミに目を向けると、現金をすぐに振り込んでもらえた。その部分を評価する声が多くあがっています。タイムリー自身最短5分の振り込みを目標値として掲げており、そのスピード感は業界トップクラスです。ただ、これはあくまで最短で対応してもらえた場合の時間です。混み合っていたりすることもあるので、基本的にはもう少し時間がかかると考えておくのが無難です。
また、タイムリーは初回利用時に電話で必ず本人確認手続きを行います。そのため、初回利用時に申し込み後5分で現金を振り込んでもらえることはありえません。一分一秒を争っているタイミングでの初回利用には注意が必要です。

まとめ

タイムリーのクレジットカード現金化サービス利用時には、地方銀行を含めたあらゆる金融機関を指定でき、クレジットカードのブランドにも特に制限はありません。
また、振り込みまでのスピード感に定評のあるサービスではあるものの、初回利用時には電話で本人確認を行う必要があり、振り込みまではやや時間がかかる点には注意が必要です。