クレジットカード現金化業者がだます手口とは?

クレジットカード現金化業者には、優良会社も存在しますが、お金に困る利用者の弱みに付け込み騙す悪徳業者がいます。
どんな手口で、これからクレジットカード現金化しようとする利用者をだましているのでしょうか。

換金率を高く謳う

クレジットカード現金化の業者にはお金に困る利用者を誘うように、高還元率を謳っている業者があります。
限りなく100%に近かったり、場合によっては100%と記載しながら、別途高額な手数料を取っているのです。
手数料の名義には、単なる手数料名義から、振込手数料、発送手数料、事務手数料など名目を変えながら高い手数料がかかることがあります。
業者のだます手口としては手数料がかかるのにも関わらず、一切公式ホームページなどには記載しないで利用者にはわからないようにしていて、いざ支払いのときにはじめてわかるようになっていたり、気づくのがかなり遅れたりします。
実際の換金率より換金される金額はかなり違いますので、利用者はだいぶ損をしたような感じになりやすいです。

誘い文句で違う闇金を紹介

お金に困っている人はできるだけ早くお金が欲しいですし、できれば多いお金がすぐにでも欲しいと考えている人が多いです。
クレジットカード現金化は、高還元率ですが、必ず業者の利益が発生しますのでその分換金率が低くなります。
わざわざ現金化という手段を使わなくても、単にお金を借りれれば問題ないと考えるかもしれません。
このような利用者の焦りとお金の欲しさに便乗するような形でうまい話を繰り返して、結果的に闇金を紹介されていたということもあります。
また紹介されたが最後逃げられないような強い口調で勧誘をされたり、ハメられたような格好でだまされたという形もあります。

カードで商品を購入後逃亡

クレジットカード現金化は商品買取方式でもキャッシュバック方式でも、かならずカードで商品を購入する必要があります。
ただ審査・来店不要で無店舗で営業している業者も多く存在しているため、商品を購入したあと業者と連絡が取れなくなるということがあります。
カードで商品を購入するまではとても親切で丁寧な対応でも、いざ商品を購入して連絡が取れなくなるということは、逃げられたということです。
無店舗型は店舗がないため追及する手段がありません。
逃げられたが最後連絡がつかなくなり商品代が換金されないでそのまま損をしたという流れとなります。
このようなことにならないためには、自分である程度使用する業者のことを調べて、口コミなどを探しておくべきです。

クレジットカード現金化業者が利用者をだます手口とは

クレジットカード現金化業者は、高還元率を謳い客を集め実際には高額な手数料を取っていたり、お金に困る心理を使用して闇金などの違う会社にあっせんしたり、カードで商品を購入したあとそのまま逃げてしまうなどの手口で、利用者をだますことがあります。
騙されないようにするためには、まず自分でこれから利用しようとしている業者を自分で調べることが大切で、できる限り公式ホームページで情報を読み取りながら、ときには業者に問い合わせたり、口コミをチェックしして安全な業者と調べることが大切となります。