クレジットカード現金化で写メは必要なものなの?

クレジットカード現金化に必要なものとして、本人名義のクレジットカード、入金してほしい口座、身分証明書があります。
身分証明書は写真付きを求められることもあって、業者によって提出できる証明書が違うこともあります。
クレジットカード現金化の身分証明書は何を準備したらよいのでしょうか。
なぜ写メが必要なのでしょうか。

身分証明書は本人と確認するために必要

クレジットカード現金化で身分証明書が必要な理由は、これから利用しようとしている人が本人と確認するためです。
お金に困っている人の中には、クレジットカードを所有していなく、他人のクレジットカードを使って現金化しようとする人もいます。
業者は利用者本人から商品を買ってほしいですし、カード会社にきちんと返済が終わることで、カード会社に不審に思われることを防ぎます。
ですから最初から本人でない人に商品を購入させてしまい、後から返済できなくなったなどのトラブルを防ぎたいのです。
もし返済が滞ることになって、利用者以外のカードの持ち主に連絡が入っても、まったく知らないという状態になると、カード会社も困ってしまいます。
そのためきちんと写メで身分証明で本人だと確認してから、クレジットカード現金化を行います。

写真付き証明書が必須なところも

身分証明書だけですと本人特定のための材料が少なく、本人と一致するために顔写真付きの身分証明書を送ることを求めらることもあります。
代表的な身分証明書として運転免許証になります。
運転免許証は本人確認と本人の顔写真が同時に確認できる身分証明書になりますので、便利な証明書です。
運転免許証を運転をあまりしないのに、身分証明書代わりに利用している人も多く、持ち歩いている人も多いため利用しやすい証明書です。

別途で顔写真を求めることもある

身分証明書は保険証やパスポートでOKとしているところもあります。
身分証明書に何を使ったらよいかは、業者ごとに分かれることもありますのでよく確認したほうが良いです。
ただ、身分証明書に写真がついていないと、別途で顔写真を求められることもあります。
自分で、もしくは他の人から自分の顔写真を撮ってもらい、業者あてのメールやメールフォームに添付する形で送付します。
携帯に写真が撮れる機能がついていることがほとんどですので、それを使って写メを送ります。

まとめ

クレジットカード現金化では、本人確認をするため顔写真付きの身分証明書の提示を求められることがあります。
該当する身分証明書を業者に写メで送ります。
写メが必要な理由として、カードが悪用して使われていないか確認するためです。
業者は利用者本人から手数料をきちんともらいたいですし、カード会社に返済がきちんと終わることで、カード会社から疑われることを防ぎます。
顔写真つきの身分証明書がないと、利用者がカードの名義と違っていたり、もし返済が滞ったとき利用者でなくカードの名義の人に連絡が入ったり、まったく知らない状態で連絡が行ってあとからトラブルが起こることがあります。
これらのトラブルを防ぐために、業者は最初から利用者に本人と確認する材料を強化するために身分証明書の写メを求めています。