仮想通貨を使ってクレジットカード現金化ができるって本当?

クレジットカード現金化にも使えると、注目を集めているのが仮想通貨です。
仮想通貨を上手く活用すれば、専門業者を使うよりもお得に現金化できる可能性があります。
仮想通貨を使ってどうやって現金化を行うのか、どんなメリットがあるかなどを一緒に見ていきましょう。

仮想通貨を使った現金化の流れ

仮想通貨でクレジットカード現金化を行う場合、まずカード払いで仮想通貨を購入し、その仮想通貨を日本円に替えて口座に振り込んで貰うという形になります。
これらの手続きは、全てネット上で行うことができるため、ネットに慣れている人であれば無理なく現金を手にすることができるでしょう。
ただ、クレジットカード現金化を行うためには、カード払いで仮想通貨を購入できる取引所を選ぶ必要があります。
国内業者は、カード払いに対応していないことも多いため、口座開設前には支払い方法に関する確認もしっかりと行っておくことが大切です。

仮想塚を使った現金化のメリット

クレジットカード現金化で仮想通貨を使うメリットは、手数料を安く抑えられることです。
高い換金率を提示している専門業者を選んでも、様々な名目の手数料が差し引かれ、最終的に手にする金額は60~70%程度になってしまうことは珍しくありません。
それに対し、仮想通貨を使ったクレジットカード現金化は、仮想通貨の取引手数料や振込手数料など必要最低限の手数料しか差し引かれないため、その分多くの金額が手元に戻ってきます。
取引手数料は選ぶ業者によって異なりますが、比較検討をすることで安く抑えることができます。
そのため、換金率の高さにこだわるのであれば、仮想通貨を使った現金化を検討してみると良いでしょう。

仮想通貨を使った現金化のデメリット

仮想通貨を使ったクレジットカード現金化で注意をしておかなければいけないことが、通貨の値動きです。
株や為替と同じように、仮想通貨の価格は常に動き続けています。
購入をしたタイミングよりも、価格が下がった状態で日本円に替えると、差額による損失が生まれてしまいます。
そのため、仮想通貨を使ってクレジットカード現金化を行う際には、通貨の値動きを確認した上で売買を行うことが大切です。
仮想通貨は、高騰や暴落など思わぬ値動きを見せることも多いものです。
売買をする前には、値動きによって損をすることがないか、チャートの動きにも注目をしておくことがおすすめです。

仮想通貨の現金化で利益が出た時は

購入した時点よりも、売却する時点の値段の方が高ければ、差額分だけの利益を手にすることができます。
手放すタイミングによっては、思いがけない金額を手にすることもあるでしょう。
ただ、売買によって利益が出た場合は、確定申告が必要となることがあります。
申告をせずに放置をしていると、追徴課税によって通常よりもさらに多くの税金の支払いが必要となることもあるため、クレジットカード現金化の際に利益が出た場合はその金額を記録し、必要であれば確定申告を行っておく方が良いでしょう。
税金の支払いなどに不安を感じる場合は、確定申告の必要がないクレジットカード現金化専門業者の利用を考えておくことが有効です。

仮想通貨と現金化

クレジットカード現金化の際に差し引かれる金額を少しでも抑えたい、そんな時は仮想通貨を使った現金化を検討してみることが有効です。
口座開設の手間はかかりますが、仮想通貨の売買などの手続きは全てネット上から行えます。
ただ、仮想通貨による現金化は思わぬ損失が出たり、確定申告の必要が発生することもあるので注意が必要です。